親族の冠婚葬祭での服装について。

私が主人の親族の冠婚葬祭での服装で気を付けていることは、とにかく目立たないことです。

目立たないとはいえ、品質的には割としっかりしたものを長く使えるようにと思っており、百貨店でそれなりの金額を予算として、試着をし、喪服に関しては年相応な丈のスーツを選び、以降の年齢でも長く着続けられるけど、デザインで少し他の方に差がつくような襟元を選んだりと、工夫します。

青山やはるやまのような紳士服店でも購入することはできるんですが、やはり質にこだわった方が良いと思い、このようなところではなるべく買わないようにしています。

http://xn--61rq1n1zjim4c.com/

定番のシンプルすぎるデザインにすることはできるだけ避け、上品さを表現できるものを選んでいます。

結婚式や華やかな席に出席する場合に気を付けていることは、親戚の同じ年代の女性の普段の洋服の傾向を日ごろの集まりの時に意識して観察しておき、好きそうな色味を見定めておきます。

その色味と被らないよう、かぶったとしても気にならないようなベージュやオフホワイトなど抑えめの選択をします。また、和装で出席される方などもいるので、洋装の場合は華やかすぎないように気を付けながらも、小物やパンプスで少しおしゃれしています。

小物やパンプスはプレーンなものより、少しアクセントが効いているものを選び、洋服のシンプルさをカバーさせています。

アクセサリーも小ぶりなもので統一させ、あまり目立つものや派手な印象を与えるものは控えるようにしています。

私側の結婚式の場合は気心の知れている従妹、年の近い年代の人が多い場所だと、あらかじめどんなものを着ていくかを相談したり確認し、和服が多いと洋装でちょっと華やかになるようにします。

サテン地やスパンコールの入ったもので胸元やスカートの裾などどこかでキラキラなものを使ったり、少し大ぶりのアクセサリーを合わせたりと、主人の親族の時とは趣向を全く変えています。

パンプスも高めのつま先がきりっととがったデザイン性のあるものと合わせたり、ストールやバッグにも小物同士でバランスをとりながら、華やかさをプラスしています。

姪や甥のお祝い事などには、明るめのワンピースなど、一緒にお祝いムードを盛り上げられるような華やかな色を選んでいます。

気心の知れた関係と、礼儀を重んじた関係などで完全に意識するポイントを変えて楽しんでいます。

顔脱毛すればメイク時間が短縮できそう

30代の主婦ですが、今まで一度も自分の眉毛に納得したことがありません。

眉毛を整え始めたのは15歳・高校1年生のときで、当時は細眉が流行っていたのでたっぷり抜いて線のような眉毛にしていました。

しかし不器用なので左右対称にはならず、いつもいびつで不恰好な形になってしまっていました。

私の眉毛はもともとまばらで薄く、広い範囲に生えています。

放っておくと明らかにおかしいので常に眉毛は抜いたり切ったりして整える必要があります。

眉毛の形には流行があるのは分っているのですが、自然できれいな形に永久脱毛してしまえば毎朝描いたり抜いたりする時間を大幅に短縮できると思います。

以前から眉毛を描くのは苦手で嫌いだったのですが、現在は小さな子供がいるせいで時間がなく、眉毛を整えるのがすごくストレスになっています。

永久脱毛して、少し書き足すだけでいいくらいの眉になったら本当に嬉しいです。

自分でやるのも見えにくくて難しく、失敗したら生えてこないと思うと躊躇してしまいます。

ほかに、足の指の毛が秘かに気になっています。

普段はマジマジと見る場所ではないのですが、毎年初夏にサンダルを買いに行って試着するときに必ずどきっとします。

親指からはけっこう長い毛が1センチ以上生えていたりして、かわいいサンダルよりも毛が気になってしまいます。

私は腕や脚などは週に2回お風呂でカミソリで剃っているのですが足の指はいつも忘れてしまいます。

普段は靴下を履いたり、靴で見えない部分なので意識が向かないのがいけないのだと思います。

気が付かないうちにびっくりするほど伸びていて、肌の白い部分なので黒い毛が余計に目立つ気がします。

また、抜くときに痛いのもすごく嫌です。

夏場にサンダルで出かけようとして指の毛を発見することがあり、仕方がなく毛抜きで抜くのですが声が出るほど痛いです。

皮膚が薄い部分だからでしょうか?けっこうトラウマになるほど痛いので、永久に生えてこなければいいのにと思います。

私の住んでる大和市にディオーネという脱毛サロンがあるんですけど、顔脱毛がおすすめみたいだから今度行ってみようかなと思います。(※脱毛大和市

米子医療センターに入院

先日から夫が米子医療センターに入院しています。検査入院なので大したことはありませんが、初めてのことばかりでしたので多少の不安がありました。

先生をはじめ、看護師スタッフさんみなさん優しい方ばかりでしたので、米子医療センターにお世話になってよかったと思っています。

少し、紹介致します。

診療科
内科、糖尿病・代謝内科、腎臓内科、心療内科、精神科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、血液腫瘍内科、循環器内科、小児科、外科、整形外科、胸部血管外科、泌尿器科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、歯科・口腔外科、麻酔科、緩和ケア内科、感染症内科、肝臓内科

受付・診療時間
月曜日~金曜日(祝祭日は休み)
受付時間:8:30~11:00
再来時間:8:30~11:00

病床数:270床

鳥取県米子市車尾4丁目17番1号
電話:0859-33-7111(代表) / FAX:0859-34-1580

 

以下、入院の案内です。

入院手続きに必要なもの
1.入院申し込み書(身元引き受け書)
2.診察券
3.保険証(公費受給者証)
4.退院証明書(他の医療機関発行)
5.限度額適用認定証(保険者発行)

入院当日は『入院受付窓口』に行って提出します。

 

入院生活に必要なもの
1.食事の時にお使いになるもの(湯呑み・箸・小さいやかん又はポット)
2.印鑑
3.その他の日用品(肌着・洗面用具・スリッパ(音がしなくて滑らないもの)ティッシュペーパー等)

貴重品や高額の現金は持参しない方が良いです。
玄関近くに山陰合同銀行・鳥取銀行のキャッシュコーナーがあるので、その都度引き出す方が安心です。

 

食事について
•病状によって治療食(高血圧食、糖尿病食等)を用意してもらえます。
•食事時間は、朝食:7:30~ 昼食:12:00~ 夕食:18:00~ です。

 

面会時間
・平日:【午後1時~午後8時】
・土、日、祝日:【午前11時~午後8時】

 

退院してからのことが不安だったので、職員の方にたくさんお話を聞いてもらいました。
1F医療事務室に「医療相談窓口」、2F地域医療連携室に「がん相談支援センター」「介護・福祉相談窓口」があるので、気軽に利用すると良いですよ。
治療費や介護、退院してからの生活について相談に乗ってもらえて助かりました。

 

足の骨折で入院

バイクで事故をしてしまい、足を骨折。この時に、米子医療センターに入院しました。

手術が必要で、1か月半入院する事になったんですが、入院している間は看護師さんも優しく対応してくれて、不安なく過ごすことが出来ました。

病院の食事は美味しくない!って言う人も多いと思いますが、私的に食事も美味しかったですよ(‘ω’)ノ

ただ一つ、入院をして困ったことが。それはお金の問題。入院費が思った以上にかかってしまい、支払いに困りました。

結局、銀行のカードローンを使ってお金を借りて支払う事にしました。

(こちらで借りました⇒銀行でお金を借りる

決して、米子医療センターの医療費が高いというのではなく、やはり1か月半も入院したらどこの病院でもそれなりの医療費はかかりますからね。

いざという時に為に、貯蓄しておくのが大事って改めて感じましたね。これからは万が一のことを考えて、コツコツとお金を貯めておこうと思っています。